保育園に入って感じた成長と家族のメリット

3歳児

こんにちはパパつよです。

僕の住んでる地区は待機児童が結構多いのですが、奇跡的に待機児童にならずに去年の4月から保育園に入ることが出来ました。

正直なところ僕は最初2歳から保育園に入れるのは少し反対でした。せめて年少さんと同じ4歳になる歳から…と考えていました。

けど1年経った今は入れてよかったと思っています。

僕が感じた息子の成長と、家族のメリットを紹介していきたいと思います。

お金の心配が減る

パパが1馬力で働くより、ママも働いてもらって2馬力で働くほうがお金心配は減りますよね。

実際のところ僕も4月から異動になり手取りが10万下がってしまいました。

だけど嫁さんが働いていたくれたおかげで、家計はそこまで苦しくなっていません。

トイレが身につく

失敗して漏らしてしまうとカーペットやパンツ、ズボンが汚れて洗濯も1度手洗いしてからなど、手間も増えてしまい大変ですよね。

トイレトレーニングで苦労している家庭もあると思いますが、うちではほぼ苦労していません

うちの保育園では2歳半から布パンツで登園する様に義務付けられていて、先生方が時間ごとにトイレに案内してトイレ習慣をつけてくれるんです。

息子も最初のうちは失敗して漏らしてしまうことも多々あったのですが、3歳になった今は親の僕たちが気にかけてトイレを促してあげればほぼ漏らしてしまうこともなくなりました。

お友達が出来る

保育園に行かなければ日中パパが仕事に行ってる間はずっとママと2人っきりです。

育児サロンとか地域交流とかで他のママ友との子どもと友達になる方法はありますが、限られた人間とずっと同じことを繰り返すことになります。

上記の様な所だと結局のところママの気の合う人の子どもとしか友達になれないのです。

しかし保育園なら色んな友達が出来ます。うちの息子はトーマスが大好きで、保育園のもトーマス大好きな子と友達になれて毎日楽しそうです。

色んな行事がある。

遠足、運動会、お遊戯会、クリスマス会、毎月のお誕生日会などなど本当に色んな行事があります。

その行事ごとに歌や踊りを練習して本当に色んな事を覚えていくのです。

その中での成長は本当に目を見張るものがあります。

2歳児だった去年は泣いてロクにママと離れることすら出来なかった運動会も、3歳になった今年はちゃんと離れられて、かけっこやダンスも出来ました。

親からしてみたら本当にそんな些細な事でも嬉しいんですよね。日々ママと2人っきりで過ごすだけでは絶対に味わえない瞬間だと思っています。

まとめ

僕が実際に保育園に入れてみて感じたメリットと息子の成長を書いてみました。

これから保育園に入れる人は色んな不安や心配ごとはあると思いますが、子どもは思っているよりたくましいですし色んな事を吸収して成長します。

何より親が保育園を入れることに負い目や不安を抱えていながら子どもと接していると、子どもは敏感に感じ取ってしまうので余計に不安定になってしまいます。

なので親の僕たちは子どもの成長に負けない!子どもが頑張ってるから僕たちも負けずに頑張ろう!ぐらいの気持ちで頑張りましょう!

コメント